絶対に失敗したくない工務店選び!工務店の基礎知識やポイントを分かりやすく解説

素敵なマイホームを購入して、家族との幸せな暮らしを思い描いている方もいるのではないでしょうか。
一般的な注文住宅の依頼先の一つとして選ばれている工務店ですが、施工後の仕上がりを左右するといっても過言ではありません。
技術や品質、強みや得意とすることは業者によってことなるからです。
施工中や施工後に失敗だったなと後悔しないように、事前に知っておきたい基礎知識や選ぶ際に押さえておきたいポイントを解説します。

絶対に失敗したくない工務店選び!工務店の基礎知識やポイントを分かりやすく解説

工務店選びの際は、情報だけではじめから1社に絞らずに複数社から見積もりを取ることがポイントです。
家づくりの経験は誰でもないに等しいと言えます。
そのため相場も分かりにくく、工務店についても手探りのような状態です。
相見積もりを取ることで大体の相場が見えてきて、見積もりの内容や説明の仕方によって工務店の良し悪しが伺えます。
工務店選びで失敗しないために、相見積もりで複数社を比較して検討することが大切です。

まずは工務店との契約方法を見ていこう

外観や内装にこだわった家づくりをするため注文住宅を建築したいと考えている場合、優良な工務店の利用がおすすめです。
地域に密着して建築に関する様々なことを行なっており、自由度の高い設計も受け入れてもらえるのでこだわりを実現しやすいのも魅力かもしれません。
工務店と実際に契約を行う方法としては、事前にいくつかの業者に建築プランと予算の提示を依頼して比較検討を行います。
1番納得できるプランを提示してくれた会社と仮契約を結び、詳細を決定してから実際の施工作業に入るという方法がほとんどでしょう。
注意しておくべきこととして、仮の段階でも基本的な事項は決定されてしまうのでよく考えてから工務店を決定することが必要です。
仮という安易な気持ちで選ぶのではなく、こだわりたいデザインや予算などの詳細を伝えて選ぶと後悔しにくいかもしれません。
納得できる家づくりのためには、工務店との信頼関係が重要です。
比較してじっくりと選びましょう。

工務店に依頼するなら見積りは必須

いきなり工務店に対して依頼を行っているのではなく、見積りを行ってから依頼するのか考えるケースがほとんどです。
それだけ高額な支払いが発生する可能性がありますし、経済的な負担が大きくなるリスクが出てきます。
そこで工務店に対し、見積りをしてもらうことでどのくらいのお金を支払うのか把握できるために重要な部分です。
あまりにも高額すぎてお金を支払うのが難しい場合は、別の工務店を選択しても全然問題はないです。
ローンや融資などを利用して何とか支払いできる場合は、引き続き施工などの打ち合わせを行っても大丈夫になっています。
工務店側もいきなり選択してもらえるとは考えていないため、予め考える時間を与えてくれることも少なくありません。
検討している人は試行錯誤した上で、最適なところを選ぶことが必要です。
お金以外にも実績や施工の質だけではなく、アフターフォローなど様々なところで異なっているので、比較しなくてはいけません。

工務店選びとローンの組み方について

間取りやシステムキッチンなどの設備にもこだわると、とても快適に暮らせる住まいを実現することが可能です。
ところが細部にまで徹底的にこだわると、建築費用が予算をはるかにオーバーすることも珍しくないです。
しかし費用面も含めて相談できる工務店を選ぶと、予算の範囲内で十分に満足可能なマイホームにすることができます。
そして収入に見合ったローンの借り入れをすることが、家を建てて家族全員が幸せに暮らすためのポイントです。
ローンの組み方には様々な方法がありますが、年収や家族構成から返済額をシミュレーションするのが賢い方法です。
金融機関の相談会を活用すると、工務店を活用して住宅を建築する場合の借り入れ上限額を知ることができます。
少しでも返済額を少なくするためには、借入期間を長くすると同時に低金利のサービスを選ぶ必要があります。
様々な金融機関が提示する金利や手数料を比べると、お得な借り入れプランを選べるようになります。

工務店で依頼する際の費用相場はどれくらい?

工務店では住宅を建てることができますが、実際に依頼をするには高額な料金が発生すると考えられます。
建物の内容によって費用にも違いがありますが、大体の相場としては安くても1千万から数千万円ぐらいはかかると考えておけば問題ないです。
工務店によっても料金には違いがありますが、料金が変動する大きな理由としては建物のサイズや構造などが該当してきます。
建物のサイズが大きくなるとそれだけ使用する資材の量が多くなりますから、その分だけ費用も大きくなると考えられます。
各自で用意できる予算にも違いがありますが、工務店に相談をすることで各自にあったプランの提案を受けることが可能です。
建物のサイズを小さくすれば安くすることができますし、シンプルな構造にしたほうが建築するのが簡単になるので、作業日数が減ることで効率的にコストを減らすことができます。
工務店にはいろいろなノウハウを持っているので、積極的に相談をすることで相場よりも安く自宅を建てられる可能性もあります。

工務店選びは技術力の高さがポイント

工務店は、小規模でサービスを提供しているためそれぞれの店舗で大きく技術力が異なるというポイントが存在します。
例えば、工務店とはいっても業務形態としてサービスを提供している内容に関してはかなりの違いがあります。
一般的な認識で述べると小規模で地域密着型のサービスを提供しているところも多く、そこでは多くの職人が在籍していると考えている人もいます。
しかし、中には下請けとして作業を請け負っているところも少なくなく、特に大手のハウスメーカーと提携をすることによって下請けを積極的に行っている店舗も少なくありません。
こういった業務形態ごとのサービスの違いによって、技術力の高さは全く異なります。
特に、自分が求めている住宅設計をきちんと満たすことができるかどうかという点は重要です。
注文住宅を相談する場合には、特に顧客の要求に応えられる柔軟性が非常に重要になりますので、それに対応できるだけの工務店を見つけることが大切です。

工務店では対応エリアの広さも重要

こだわりのある家づくりをしたいと考える人は、地域に密着した工務店に設計と施工を依頼することが多いです。
ところが魅力的な施工会社が見つかった場合でも、営業エリア外で発注できない場合もあります。
特に大工などの職人が独立して経営をしている工務店は、営業している地域がかなり狭いです。
したがって注文住宅などを建築する場合には、事業を展開している地域の広さに注目して施工会社を探すことが肝心です。
また工務店のウェブサイトを訪問すると、技術力や実績が魅力的な依頼先をセレクトできます。
そして外観がお洒落で耐震性に優れた家を新築することも重要ですが、完成後のメンテナンスや各種修理を丁寧に行うことも大切です。
アフターフォローも重視するのが、エリア内でより良い工務店を見つけるコツです。
各地に拠点がある会社であれば、住まいに不具合があったときにもすぐに駆け付けてくれます。
更にリフォームする場合にも、広域展開する会社のサービスが役立ちます。

工務店の経営の安定度も確認しておこう

大手ハウスメーカーの多くは株式会社で安定した経営をしているケースが多いですが、工務店の場合は安定していたとしても中小零細、あるいは個人事業主として経営しているケースがほとんどです。
住宅の建築やリフォームを発注した場合にはアフターフォローも大切で、数年おきには修繕が必要になったり、天変地異などにより修理が必要になる場合もあります。
そんな時でも以前に施工した経験のある会社であれば構造を熟知しており適切な工法がすぐに選定されますが、過去の事情を知らない業者に依頼した場合には、まずどんな構造なのかを調査することから始まります。
そこで役に立つのが設計時の図面や、リフォームを行った際の工程表などがありますが、もしもそれらを保有している会社が倒産した場合には入手が困難となります。
そうなれば調査に時間と手間がかかるほか、別途調査料などの費用が発生する場合もあります。
その家で修繕やリフォームを実施して末永く暮らしたいなら、工務店の安定度も確認して、こちらも末永いお付き合いをしたいものです。

自社施工の工務店を選ぶようにしよう

自社施工の工務店の評判が高いのは、優秀な職人が数多く在籍していてアフターフォローも充実しているからです。
元々、工務店は地域密着の小規模な店舗でサービスを提供している傾向が強く、独自色があるのでサービスの優劣が大きいという特徴が存在します。
その中でも、より良い業者を選択する1つの選択として自社施工のサービスは非常に魅力的です。
これは、工務店に在籍している職人との距離感がとても近くなるからに他なりません。
実は、工務店とはいってもそのサービス内容はかなり複雑です。
例えば、営業活動を行って顧客を集めるのではなく、すでに大手のハウスメーカーが契約をしたクライアントの物件を建築するために経営を行っているところも存在します。
この場合、文字通り下請けの役割としての機能しかありませんので職人とのやり取りも大手ハウスメーカーのスタッフを間に入れて行わなくてはいけません。
地域密着型の自主経営だとこういった課題がないので距離感が近く、真摯に相談に乗ってくれます。

従業員の人柄も工務店選びでは大切

畳表替えや障子・襖・クロス張替えやコンセントの増設やエアコンの取り付けや水回りのリフォームや廊下のバリアフリー化など、工務店が行うサービスは多岐にわたります。
様々な目的を持って頭の中に具体的な理想を描きながら依頼しますが、お客さんのニーズにきちんと応えつつ期待以上の仕事をしてくれるところもあれば、残念な仕事っぷりでお客さんをがっかりさせるところも少なくないです。
依頼は自己責任ですので、徹底的に比較をして本質を見極めなければなりません。
金額の安さや工期の短さや知名度の高さや実績の多さや具体的なコンセプトや評判の良さなど、工務店選びで見極めたいポイントは幾つかありますが、スタッフの人柄もその一つです。
家づくりの技術が優れている工務店は人づくりも上手で、社員教育が行き届いていてそれが良質なサービスときめ細かなサポートに直結します。
営業所や支店の相談窓口を利用したり、電話やメールフォームで問い合わせをしたりしてみると、スタッフの人柄の良し悪しが見えてきます。

工務店に関する情報サイト
失敗しない工務店選び

素敵なマイホームを購入して、家族との幸せな暮らしを思い描いている方もいるのではないでしょうか。一般的な注文住宅の依頼先の一つとして選ばれている工務店ですが、施工後の仕上がりを左右するといっても過言ではありません。技術や品質、強みや得意とすることは業者によってことなるからです。施工中や施工後に失敗だったなと後悔しないように、事前に知っておきたい基礎知識や選ぶ際に押さえておきたいポイントを解説します。

Search

入力エラー

「お名前」が未選択です。
「email」が未選択です。
「内容」が未選択です。